ワークショップの思い出

こんにちは、飯島です。

先日、弊社が制作・運営をさせていただいたイベント「いばらき県北外あそびフェス2017」が無事に開催されました。が、私が今ここで当日の内容などを話してしまうと、イベントに関わったスタッフたちがブログの話題を奪われたとお怒りになるかもしれないので、私が個人的に深く関わった部分についてお話ししたいと思います。

11月3日・4日のイベントに先立ち、「いばらき県北外あそびツアー」として、常陸太田市の名所である竜神峡でのカヌー体験や、里山ホテルときわ路さんでのキャンプ体験、大子町でのトレッキング体験が開催されていたのですが、私はその中で、「フラッグガーランドを作ろう!」というワークショップの担当に任命されていました。

フラッグガーランドとは、

これです。

もともとは無地またはボーダー(ストライプ)だけの布に、ペンとスタンプでデコレーションをしています。

絵が上手!と思ってくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、100円ショップ seriaさんなどで売っているステンシルを使っているので小さいお子さんや、絵にあまり自信のない方でも短い時間で簡単に描くことができます。

作り方は、三角形に切った布に絵を描いたりスタンプを押して、麻紐に引っかけてホチキスで留めるだけという簡単さなので、準備もすぐにできるかと思いきや、まず手芸屋さんで色の組み合わせを考えながら布を選び、その布にチャコペンで型紙に沿って線を引き、裁ちばさみで切り、アイロンで折り目をつけ、ステンシルやスタンプなどの道具を揃え…と、なかなか時間がかかり、ワークショップの準備の大変さが身にしみました。

 

 

設営完了!

ツアーにはご家族での参加が多いため、子どもたちが楽しんでくれるかな?そもそも興味をもってくれるかな?と心配だったのですが、当日は大賑わいで安心しました!

ステンシルとスタンプを組み合わせることで完成度の高いガーランドを作ることができるので好評でした。

特にスタンプが大人気で、布いっぱいに押しまくってくれたので嬉しかったです。

ステンシルについては、初めて使う子が多かったのですが、最初にいちどお手本を見せてみると「おお~!」と感激してくれ、布用のペンを使ってたくさんお絵かきをしていました。

お父さん・お母さんも、「お母さんも作る!」「これ(ステンシル)楽しいなあ」と積極的に参加してくれたので、ご家族で楽しめるワークショップにできたかなあと思いました。

お父さんとの参加で、「お母さんへの誕生日プレゼントにしようよ!」と兄弟で一生懸命作っていた男の子二人に感動…(´-`)ジーン

準備はちょっぴり大変でしたが、その苦労がすっかり報われる当日の盛況ぶりでした。

ワークショップをお願いしますと言われた時には、正直(どうしよう)と不安でしかなかったのですが、準備を手伝ってくださった先輩方や、参加者の皆さんに救われました。

参加してくださって本当にありがとうございました。

かんたんなフラッグガーランドの作り方など

 

 

家にあるはぎれでも簡単にできますし、お店で布を選ぶ時は、季節をイメージしても楽しいと思います!

それではまた~