スタッフ自己紹介【第10弾】グラフィック担当 その5

はじめまして!

グラフィック担当のチーフを担当している大内と申します。

弊社のスタッフ自己紹介も第10弾ということで僭越ながらトリを務めさせていただきますw

 

聞きたいと思う人はいないかもしれませんが、自分の生い立ちからスタジオサカに入社し、現在までの経緯を書きたいと思います。

お時間がある方は、最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

昭和50年、ベトナム戦争が終結した年に茨城県水戸市で産声をあげました。

現在は結婚し、婿入りしたので名字が大内ですが、旧姓は『谷津』でした。

兄が好きだったアニメから名付けられた名前は『哲也』です。

 

『谷津』と『哲也』

カタカナすると『ヤツテツヤ』

上から読んでも『ヤツテツヤ』

下から読んでも『ヤツテツヤ』

しんぶんしみたいな感じで、小さい頃からよくいじられましたw

 

僕はスポーツが大好きで、父の影響もあり小学校2年から中学卒業までは野球を、高校はスラムダンクの影響でバスケットボール部に所属しました。

それから高校時代はバンドに憧れ、ライトハウスで好きだった音楽、パンクロックやハードコアのライブを友人たちと開催したり楽しい日々を過ごす。

 

当時時代は古着ブームで、ファッションの仕事がしたいと親に頼み、東京の文化服装学院に進学しました。

全生徒数が1,000人を超す文化服装学院は、ファッションデザイナーやスタイリストを目指す個性豊かな人が溢れかえる場所でした。

自分の専攻はファッションビジネスというマーケティング等を主とした学科でしたが、その学校生活はとても充実していて、沢山の方と交流を深める事ができ、今でもその付き合いが続いています。

 

ちょうどその頃、マッキントッシュを持っている先輩がデザイン事務所を設立したばかりで、興味本位でイラストレーターやフォトショップを教えてもらったのがこの業界へ入るきっかけとなりました。

その先輩の事務所へアシスタントとして入社。

ファッション雑誌の制作やファッションブランドや企業のホームページ制作を手伝ったり、映像の制作やショートフィルムの音響など、幅広いジャンルのお仕事を経験させて頂きました。

 

30歳を機に地元に帰郷し、求職してたところ弊社の坂社長(現会長)に出会い入社し現在に至ります。

 

それから早10余年、現在は1男1女の子を持つ父として仕事に家庭に力戦奮闘中。

 

自分は弊社を卒業していったたくさんの先輩方の仕事を見てきました。

いま、自分がグラフィック担当のチーフとなりすこしでも会社の礎を築けるよう頑張っています。

 

特に面白いこともなく恐縮ですが、最初の記事は以上ですw

最後まで見て頂いた方へプレゼントです。

 

ネコザイル

 

これからは趣味や気になった事をこちらに書いていきますので、お時間がある方はまた足を運んで下さると、とても嬉しいです。

よろしくお願いいたします。