デザインの道具のはなし

こんにちは、グラフィックデザイン担当の本多です。

今日は郡司不動産様の常磐の杜のチラシについてです。
ほぼ、毎月のようにチラシのデザインをさせていただいているのですが、
どんどん赤丸(分譲済)が増えています。
これから土地と住居を購入しようと考えている方でしたら、
常磐の杜は楽しく見学ができると思います。
ぜひ常磐の杜に足を運んでいただけたらと思います。

私も時間があるときに常磐の杜をまわって見るのですが、
個性的なお家があったり、こだわりの庭があったりと、
いろいろな夢を実現している人がたくさんいるな~と思いながら
羨ましいな~という思いで見学してます。

今日は実務以外では道具の話をしてみます。
仕事を始めてからはマックがほとんどですが、
アナログ時代に使っていた画材を思い出してみました。

→鉛筆&ポスターカラー&アクリルガッシュ(10代で覚える)
→コピック&パステル&色鉛筆(20代前半で覚える)
→マック(20代前半~現在)古い人間なのでイラレのバージョン操作は8のままw
現在の会社でいろいろ進化してCS3くらいまで進歩したと思います。

鉛筆やポスターカラーはデッサンや平面構成で使いました。
コピックやパステルなどは、製品イメージを描くために使いはじめました。
パステルにはえらく感動したのを覚えています(楽という意味で)
マックは仕事のために覚えました!
アナログ時代は昔のことで忘れてることがほとんどです。
ずいぶん年齢を重ねたなと思います。。。

デジタルになってからは
はじめて使ったイラレのバージョン5とか3.×でした。
フォトショップもバージョン2でレイヤーがない時代でした。。。
あとは、プロダクトだったのでエイリヤススケッチやMiniCadも
使ってたりしてましたがもう覚えていません。
当時使っていたマックはセントリスやクアドラでした。
いまの人はわかりませんよね。

この仕事をはじめたころは箔なども社内で作った記憶があります。
箔がぺらぺらで何度も失敗したことをいまでも忘れられません。
できなくて帰れない!デザインじゃないところでつまずいてました。。。
懐かしい思い出です。

ではまた~ノノ